kurashi_image.jpg

大分県内でもトップクラスを誇る宇佐市の移住・定住支援。

県外の方も安心して暮らせるようにさまざまな制度を準備しています。

ただし、補助金には「事前申請」が必要です。

申請については、それぞれの対象行為を行う前に、まずは担当課にお問い合わせください。

さまざまな移住定住支援_ph.png

うさ暮らし

定住支援事業補助金

宇佐市に移住する際に使用できる一般的な補助を行っています。県内でもトップクラスの事業です。

○子育て世帯支援事業

市外の中学生以下の子供を有する世帯が市内に住宅建設等する場合、または移住する場合、補助金を受けることができます。

○住宅取得支援事業

県外の方が市内に住宅建設等をする場合、最大100万円補助金が交付されます。

○家賃支援事業

県外の方が市内にある賃貸住宅(空き家、社宅を除く)に移住し定住を誓約する場合1年目のみ18万円を補助します。

空き家バンク制度

市内にある空き家や空き地の有効活用を通した「空き家情報提供事業(空き家バンク制度)」を行っています。

集落定住支援員

(定住サポーター)

地域と連携して空き家バンク登録物件の掘り起こしや空き家案内、移住相談を行っています。

地域コミュニティ組織

移住者の方がスムーズに安心して暮らせるよう地域の方への紹介を行い、地域の皆様とも橋渡しを行っています。

グリーン・ツーリズム

日本でのグリーン・ツーリズムの先駆けである安心院町。自然豊かな場所で農村の生業を体感できます。

S-ONLINEsoudan.png
オンライン相談始めました仮.png
うさからくん見守る.png
子育て世帯向け住宅_ph.png

子育て世帯を応援するために建設された住宅もご用意しています。

世帯員の構成に応じて、家賃額が一部控除されます。

宇佐市若者定住促進住宅

お子さんのいらっしゃる若者世帯を対象した住宅(市営住宅)をご用意しています。すべて一戸建てです。子供の人数に応じて家賃額が減額される仕組みで、最安月額1万円で入居することができます。

小学生以下の子どもがいる世帯が対象の市営住宅(一戸建)に入居した場合、子どもの年齢や人数に応じて家賃額から5千円〜3万5千円を減額し、入居することができます(基本4万5千円)。

家賃 月額45,000円(基準額)の場合

・敷金135,000円(基準額の3ヶ月分)

・小学生1人のとき→20,000円控除

・小学生2人のとき→30,000円控除

・小学生3人のとき→35,000円控除

・小学生未満、中学生1人につき→5,000円控除

宇佐市おためし暮らし住宅

古荘邸

移住を検討されている方を対象として 移住体験施設や施設を利用した体験ツアーを行っています。 一定期間市内で生活をしていただくことで 移住体験や移住に向けての準備ができます。

古荘邸外観.png
古荘邸イメージ.png

おためし暮らしに関するお問い合わせ

お問い合わせに誘導するうさからくん.png

施設を利用したい期間を必ずご記入の上、 お問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。

または
まちづくり推進課まで

電話:0978-27-8172

この他、たくさんの支援が「宇佐市 移住・定住ガイドブック」にも掲載されています。

移住・定住ガイドブックはPDFにてご覧になれます。

うさからくんをクリックしてね!

宇佐市内にある空き家を地域活性化のために紹介する制度で空き家に住みたい方に対し、空き家の物件情報を紹介しています。

01006-00.jpg
02055_00.jpg
01003_00.jpg

物件の契約に関する条件については、二者間の直接交渉となり、市は一切、交渉には関与をいたしません。